本当は 怖い 家庭の医学 によせてトップ >  産婦人科・泌尿器・性行為感染症  >  おしっこ 尿もれ

スポンサードリンク

カスタム検索

2007年06月28日

おしっこ 尿もれ

おしっこ! 
産まれてから最後の時まで長い付き合いですね。
おしっこが出にくい、残尿感があるというのは、年輩男性によく聞きます。
くしゃみをした時に、おしっこを漏らすとかチビルとかいう問題は女性の場合はよく耳にします。
でもこちらの場合は若い人にもあるようです。
おならみたいなガスならまだしも、相手は液体、しかも臭いや汚れを伴うわけですから困りものです。
女性の場合、頻尿や尿もれの原因が骨盤内の臓器の位置の変化により起こることがあります。
例えば、膀胱や尿道、膣が萎縮し、直腸の位置が下がって膀胱を刺激する場合があります。
骨盤内の臓器を支える筋肉や靭帯(じんたい)の束である骨盤底筋のたるみが原因になることも多いようです。
通常は、加齢や肥満が関与することが多いが、妊娠や出産がきっかけになることもあります。
1.子宮口が開いてから出産までが長い(初産で2時間程度)
2.赤ちゃんが大きい(4kg以上)
3.かんしを使って出産した  
などといった状況で運悪く、骨盤底筋をひどく損傷した場合には、若い人でも骨盤内臓器脱(性器脱)になるということです。
こうしたことを考慮すると出産はやはり大変なことですね。
28歳のママでも子宮が膣口まで下がってしまい、体操により改善した例もあるようです。
女性泌尿器科という専門の科を設置する病院も増えてきたようです。
早いうちに原因をつきとめて治したいものです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

本当は 怖い 家庭の医学 によせてトップ >  産婦人科・泌尿器・性行為感染症  >  おしっこ 尿もれ

記事検索
★サイト内情報について★
本ブログ記事内の病気の症状、治療方法等の情報は、「朝日放送 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学、みんなの家庭の医学、NHK ためしてガッテン」等の番組放映時に得た知識を内容に極力忠実に記載したものであり、該当する記載事項についての著作権は、番組運営会社に帰属します。